フードセーバーを比較!V2240とV4480の違いは?

賢い主婦の必須アイテム「フードセーバー」
現在、コールマンから発売されているフードセーバーには2種類の機種があります。

「V2240」という型と「V4880」という型です。

今回は2種類のフードセーバーを比較して、これから購入を考えているあなたにピッタリの型をご紹介しますね!

 

フードセーバーV2240

V2240は現在発売されているフードセーバーの中で定番の商品です。
ご家庭で使うのであれば、このぐらいのスペックで充分だと思います。

使い方も簡単でワンタッチで真空パックできます。

重量            寸法
約2kg 幅413mm×奥行164mm×高さ100mm

現在、キャンペーン中ですので様々な特典が付いてきます。

セット内容と特典はコチラ↓

 

【セット内容】

・真空パック機 フードセーバーV2240 本体x1 (1年保証)
・パックロール大x1
・バッグ小(10枚)
・キャニスター中x1
・真空ボトルストッパーx1
・アクセサリーホースx1

 

【特典内容】

・パックロール2本セット(大2本)
・バッグ大(13枚入)
・パーフェクトガイドブック(80ページ)
・パックロールが毎回20%OFFで買える定期便付き
・定期便はいつでもキャンセル・変更OK

 

セットや特典でパックロールや専用バッグが付いているので、届いたその日から使用する事ができます。

 

フードセーバーV4880

続いてはフードセーバーV4880です。
V2240に比べてサイズが大きいので、キッチンスペースに余裕のあるご家庭や業務用として使う方におすすめです。

V2240と比べて大きく違う点は、繰り返し使えるジッパーバックが付いている点です。

重量              寸法
約4.2kg 幅410mm x 奥行180mm x 高さ224mm 

 

V4880も特典が付いています。

【セット内容】

・真空パック機フードセーバーV4880本体X1
・専用バッグX4
・パックロールX1
・真空ジッパーバッグX4
・真空ボックス(深底タイプ)X1
・真空ボトルストッパーX1

 

【特典内容】

・真空ジッパーバッグ大(12枚入り)
・真空ジッパーバッグ小(18枚入り)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回はフードセーバーV2240とV4880を比較してみました。

V2240は一般家庭用

V4880は大きめのキッチンor業務用

といった感じでしょうか?

どちらにしてもフードセーバーは食品の保存期間を延ばしてくれるので、とても経済的です。

フードセーバーV2240 フードセーバーV4880

現在キャンペーン中!!
人気お得度No.1

icon-chevron-circle-right 詳細ページ

プレミアムモデル
広いキッチンや業務用に!

icon-chevron-circle-right 詳細ページ

 

 

 

 

 

 

コメントを残す